あるアルパカの知恵

アラサー男の趣味ブログ。楽しい話と、役立つ話を提供します。

WordPress学習記録まとめ(その1)

WordPressについて勉強したのでまとめました。

※はてなブログからWordPressに移行しようと検討中…

WordPressの特徴まとめ

WordPressの特徴をまとめました

  • 2003年に作られた
  • 世界のWebサイトの約3割で使用されている
  • SEO対策しやすい(検索上位に出す工夫がしやすい)
  • テーマ(デザイン)やプラグイン(便利機能)を使える

 

WordPressのざっくりとした仕組み

WordPressはPHPで書かれたソフトウェアです。

WordPressは、裏側にあるデータを元に、記事(ページ)を作ります。

また、たくさんのデータが集まったところをデータベースと呼びます。

 

このデータは「コンテンツ」と呼ばれています。

ユーザが見る記事の本文や、記事のカテゴリなどの情報がコンテンツです。

 

ちなみにWordPressなどの「コンテンツ」を管理するソフトウェアをCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼びます。

 

データ(コンテンツ)がどこかに集まっていて、それを記事に変えてくれるのがWordPressなのだな、という理解でOKです。

 

WordPressの構成要素

WordPressの構成要素は以下の通り

  1. コアシステム WordPressそのもの
  2. データベース コンテンツが集まった場所
  3. テンプレート テーマとも呼ばれます。ウェブページの基本的なデザイン
  4. プラグイン 便利な機能(必須ではない&誰かが作った)

 

WordPressで使用されているプログラミング言語

WordPressというのは色々なプログラミング言語で作られています。

  • HTML ページのレイアウト(どこに何が配置されているか)
  • CSS ページのデザイン(色や形など)
  • PHP WordPressそのものを作っている
  • JavaScript ページ内の動きを担当
  • MySQL WordPressの裏側でデータを管理する

 

WordPressの利点

WordPressは自由度が高いところが魅力です。

好きなようにページのデザインを変えることができます。

 

また、オープンソースであるため、多くのプログラマが「プラグイン」と呼ばれる便利な拡張機能を開発しています。

※ただしプラグインはWordPressのバージョンアップによって動かなくなる可能性があります。また悪意のあるユーザが作成したプラグインを使用するとウィルス感染の危険もあります

 

WordPressの注意点

WordPressはオープンソースです。

つまりソフトウェアの中のソースコードを誰でも見ることができます。

悪意を持ったハッカーがソースコードを解析し、脆弱性(危険なところ)を見つけると、攻撃できてしまいます。

 

また、システムのバージョンアップを自分でする必要があります。

古いバージョンのままだと、「既に知られた問題」があるため、攻撃されるリスクがあります。

 

 

そんな感じ!

以上、「WordPress学習記録まとめ(その1)」でした。