あるアルパカの知恵

たのしくて、やくにたつ

【シュタインズ・ゲート ゼロ】アニメ第4話のネタバレ感想・解説

STEINS;GATE0(シュタインズ・ゲートゼロ)アニメ版の第4話「亡失流転のソリチュード」ネタバレ感想と解説です。

前回の「シュタゲゼロアニメ第3話の感想と解説」に引き続いて、分かりづらい・分からない箇所の解説個人的な感想を書きます。

 

STEINS;GATE(シュタゲ無印)のことを忘れた方はこの記事を先にどうぞ。

「シュタインズ・ゲート ゼロ」を見る前に、シュタゲの内容を3分で復習する

シュタインズ・ゲート ゼロ おすすめ記事まとめ

シュタゲゼロアニメ第3話を3行でまとめる(復習)

シュタゲゼロアニメ第3話までの内容を3行でまとめます。

  1. 鈴羽の回想に現れた謎の少女は誰?
  2. オカリンはアマデウスを紅莉栖と思い込み始めるが真帆によって現実に引き戻される
  3. 過去のことを思い出してしまったオカリンは絶望する

 

シュタゲゼロアニメ第4話の解説と感想

シュタゲゼロアニメ第4話の解説と感想です。あらすじはAmazon Primeビデオからコピペ。

「アマデウス紅莉栖」に接しているうちに、まるで本物の紅莉栖がそこにいるかのように錯覚し始める岡部。そんな彼を見ていられず、真帆は「ここにいるのはアマデウス。牧瀬紅莉栖じゃない」と非情な現実を突きつける。その瞬間、岡部は世界が歪む感覚にとらわれる。それは久しく感じることのなかった、世界線を移動する感覚「リーディング・シュタイナー」だった。

以下、分かりづらいところの解説と個人的な感想!

 

いきなり謎の戦場からスタートするシュタゲゼロ第4話

ぜぇぜぇ息を吐く岡部倫太郎。

「あと少しで練馬駐屯地だ!頑張ってくれ!」という兵士の声。

死屍累々の光景と、上空からの攻撃、銃撃戦。

先週までのシュタゲどこ行った!!!

 

と思ったら夢オチでした。

「とにかく君を無事保護できてよかった。岡部君」

という謎の人物のセリフ。

 そして、鳴り響く携帯。通話。現実が歪む感覚。

 

…何だ夢か(2回目)

「そうだ…世界線変動なんてもう起こるはずがないんだ…」

という独白。

いきなりシリアスだなー!!!

 

シュタゲの世界線変動とは

シュタゲの世界線変動とは? 設定忘れていたので調べました。

  • 世界線は無数に存在するが、常にただひとつの世界線に収束している
  • 隣接する世界線で起きる出来事は他の世界線でも起きる(まゆりの死は確定していた出来事なので、どの世界線でも収束していたのがアルファ世界線)
  • 岡部倫太郎はリーディングシュタイナーと呼ばれる能力を持っている。世界線が変動を観測できる能力である
  • ダイバージェンスメーター(装置)を使えば、元いた世界とどれくらい異なる世界線か数値で分かる

 

まさかリーディングシュタイナー?

布団の上かと思ったら、今度は屋上です。わけわからない。

「これは…この感覚は…まさかリーディングシュタイナー?」

というオカリンの焦り。世界線変動したのかという恐怖ですね。

 

「おかえりオカリン。真帆さんが来たらプレゼント交換だよ」

というまゆしぃのセリフで安心する岡部。

 

かけ直した記憶がない

プレゼント交換で当たって女性用下着をホテルのラウンジで広げるオカリン。

いきなりコミカル。


アマデウスとの会話。

「ええ。でもすぐにかけ直してきてくれたじゃない。忘れちゃったの?」

「かけ…直した?俺にそんな記憶は…」

オカリンの記憶にない行動が発生しています。

 

おさらいすると

  • 屋上でアマデウスと電話をする岡部(告白しそうになる)
  • 真帆に告白を静止され、頭が割れそうになる
  • 謎の戦場?謎の男性?布団の上で目覚める?
  • 真帆に「大丈夫?」と言われて、ラボのクリスマスパーティーに戻る

のどこかでしょうか。謎です。

ポイントは、謎の男性との会話シーンの時にオカリンは携帯電話の通話ボタンを押しているところですねー。

あとは、リーディングシュタイナー発動時は、移動前の世界線の記憶はないこと、でしょうか。

 

るかくんの家に来客@クリスマス

るかくんの家にクリスマスに来客です。

シュタゲでは、るかくんの家にIBN5100が保管されていましたね。

シュタゲゼロのβ世界線でも重要な場所かもしれません。

 

お客さんがルカ子の家(寺)に住むとも言っていましたね。

映像から分かるのは巨乳ということ。

アニメ見返してくださいねw

 

タイムマシンで未来から一緒に来た子がいる

鈴羽とダルの会話です。「タイムマシンで一緒に未来から来た子がいる。1998年の秋葉原ではぐれてしまった」という鈴羽の告白。

別れた時10歳で、今生きていれば22歳だそうな。

名前は「椎名かがり」

椎名=まゆしぃの娘と言われて動揺するオカリン

しかし、まゆしぃが産んだわけではないことが分かりました。

 

未来のまゆしぃとダル

未来のまゆしぃとダルの映像が流れました。

ダルめちゃくちゃ痩せている!!戦争のせいでしょうね…

まゆしぃは40代にもかかわらず可愛い

 

亡命した中鉢博士

中鉢博士。さらっと流れた重要なシーンです

「世界線変動が起きた?電話レンジのようなものをつくった、あるいは」というオカリンの思考に対して、

「日本政府はロシアに対し、8月に亡命した中鉢博士についての会見を」というテレビのニュースでした。

これはまあ、そういうことですね

 

ちなみに中鉢博士についての簡単なおさらい

  • タイムマシンを研究していた研究者
  • 牧瀬紅莉栖の実の父親(しかし才能を疎まれて仲は悪かった)
  • β世界線では牧瀬紅莉栖を刺殺し、紅莉栖の書いたタイムマシン論文を盗み逃走した

 

椎名かがり怖すぎ

椎名かがりについて徐々にわかってきましたね、怖い!

2000年問題を止め、未来を変えようとする鈴羽。

それに対して、銃を手にして「ダメだよ、そんなことしちゃダメだ、声が聞こえる」と鈴羽を撃とうとします。怖すぎる!!

 

それにしても、Windows98発売の映像、そしてIBN5100。懐かしいなあ。

 

真帆に止められたにも関わらず、アマデウスと喋りまくる岡部

大学図書館を出てアマデウスと会話する岡部。

真帆に止められたにも関わらず、アマデウスというか紅莉栖への気持ちはまだ揺れているようです。

 

フェイリスたんマジけなげ

気づきました?フェイリスとルカ子が岡部と会話するとき「凶魔」って呼ぶのを控えつつも、最後に「凶魔!」と呼んだこと

 「にゃにゃ、そこにいるのは凶…じゃなかったオカリーン」

「まあ後少し、凶…オカリンには頼みづらい話だったのにゃ」

「凶魔!これからも困ったことあったら、難しい顔してないでフェイリスたちに話してにゃー!」

フェイリスまじ良い子。

 

「子供の責任は親の責任だろ常考!」

ダル格好良い!「子供の責任は親の責任だろ常考」という名言。

自分が育てた記憶が無いのに、未来から来た鈴羽に対して親の気持ちを持っています。人の器が大きいなー。

※常考=「常識的に考えて」の略

 

桐生萌郁現る!!!

シャイニングフィンガーこと桐生萌郁が現れました!

ベータ世界線では初の遭遇ですね

(第1話で、研究発表の場に来ていたのをオカリンは目撃してましたっけ)

 

おさらいですが、アルファ世界線での桐生萌郁の行動は以下の通りです。

  • 編集プロダクションでバイトをしていた
  • ラボメンナンバー005
  • FB(ブラウン管工房のMr.ブラウン)からの指示でIBN5100を探していた
  • 強度にFBに依存していた。FBからの唯一の連絡手段である携帯にも依存。
  • アルファ世界線でまゆしぃを殺していたのは大体こいつ

 

まゆしぃとの因縁があるため、オカリンは苦い表情をしていたんですね。

アルファ世界線のような惨事がまた起こるのではないかという不安からです。

 

シュタゲゼロアニメ第4話のまとめ

シュタゲゼロアニメ第4話で抑えておくべきところは以下の3点です。

  • オカリンの謎の夢。そして記憶にないアマデウスとの通話
  • 鈴羽の回想に出てきた謎の少女は「椎名かがり」(まゆしぃの義理の娘)
  • 椎名かがりは1998年の秋葉原ではぐれて行方不明中。オカリンたち皆で捜索している

 

以上、『【シュタインズ・ゲート ゼロ】アニメ第4話のネタバレ感想・解説』でした。 

www.arupakano.com

www.arupakano.com