あるアルパカの知恵

アラサー男の趣味ブログ。楽しい話と、役立つ話を提供します。

雑記ブログの方向性で迷う6ヶ月目

雑記ブログ「あるアルパカの知恵」を運営中。

色々と悩んでいます。

SEOガン無視の日記形式で、思っていることを書いていきます。

たまにはこんな日があってもよいはず。

 

ブログの迷い1「雑記すぎるけどいいのか問題」

雑記ブログすぎるけどこのままでいいのか?

これは大きな問題です。

例えば、当ブログは以下のようなカテゴリがあります。

ぶっちゃけ多すぎる。

  • アニメ
  • 漫画
  • ブログ運営
  • 書評
  • カフェ関係
  • Amazonビデオ
  • ライフハック
  • ダイエット
  • 音楽

 

当所は、何も考えずテキトーに記事を追加していきました。

自分と似たような人が読者になってくれればいいかな~という感じ。

 

しかし、気付きました。

自分はかなり広く浅く多趣味な人間なので、全て合致するような人は少ないと。

取捨選択して読んでもらえれば良いのですが、いまいち分かりづらいかな、とも。

 

いろいろと考えた結果、軸となるものは何かという答えにいきつきました。

それは「エンタメ」です。

 

きっかけはUSJの立て直しの本。

「映画に関するテーマパーク」だったUSJが、「総合エンターテイメント」にかじを切った話を読んで、コレだ!と思いました。

マンガ・アニメというサブカル記事が多いですが、映画や音楽も含めて扱って良いだろうと考えを改めました。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

 

 

あと、大石昌良さんのインタビューを読んで「エンターテイナー」という言葉が自分の中にひっかかっています。

「人を喜ばせたい、心を動かしたい」というのが、自分のやりたいことなんじゃないかなー。

「人を喜ばせたい」っていう気持ちが芽生え始めたのが30歳を超えてからなんですけど、やっぱり人って、心が動くところに集まってくるんですね。で、集まったところに、それこそお金だったり人望だったり名誉だったりが付随してついてくるわけですけど、その根底には人を喜ばせる、人の心を動かそうとする、エンタメ心があると思ったりします。

www.arupakano.com

 

あと、個人的に得意なことに「作品についての考察」があります。

普通の人の10倍くらい娯楽作品を見たり考えたりと時間を使っていることから「他の作品との違い」もなんとなく見えていますし、一時期友人の創作活動を支援していたこともあり、「作品の作り方」もある程度客観的に見ることができます。

 

ということで、「誰かの心を動かす、喜ばせる」ために

  • 総合的にエンタメ作品を扱う
  • 作品についての考察、見方を教える

 

という方向でいこうと決めました(この文章を書きながら決めたw)

 

ブログの迷い2「役立ち情報はそもそもなんのため」

当ブログでは「お役立ち情報」も扱っていました。

アクセス数などを稼げるのは、誰かに価値を提供できるものです。

Googleで検索して読んでもらえるのも「誰かの悩みを解決する記事」です。

 

私は、頭が悪いながらも受験勉強頑張って大学合格したり、散々な目にあってもそれを乗り得て無事就職したり、ブラックな労働環境でも一定の成果を残したりと、そこそこ「努力」はしてきました。

あとは、生活の中で色々なことを調べ尽くします。

これらはきっと、誰かの役に立つコンテンツです。 

 

ちなみに、エンタメ情報は、現実生活を変える力は残念ながら低く役には立ちづらい(重要度が低いといいますか…)

当ブログは「エンタメ紹介」と「お役立ち情報」の2つを紹介するブログとして立ち上げました。

この2つは方向性が違うなーと運営している中で感じました。 

※当ブログのコンセプトは「楽しくて、役に立つ」 

 

書きながら、この2つはもしかしたら並列で置くものではないのかも、と気付きました。

こんな「順番」なのかも。

  • 役に立つことを突き詰めて、時間を作る。
  • できた時間を娯楽に投入する。

 

それが自分の人生でやってきたこと。

抽象的に書くと以下のような感じです

  • 成果が出ない状態から、知識を経て努力して最小限の成果を出す
  • 最小限の成果を出している状態の余剰で、生産性を高める
  • 生産性が高まり人の評価を得て、良い環境に移行する
  • 不労所得、定期収入を得られる働き方へシフトして時間を作る
  • 余った時間で、娯楽を楽しむ

 

結局は「娯楽の時間を楽しみたいから、人生を効率化して時間を作る」というのが目指すところです。

そしてそのために、あえてゲームやらマンガやらを封印してきました(受験生時代は泣く泣くPCやゲームを封印しました)。

 

そんな自分の経験に基づく役立ち情報を通じて、

  • 娯楽を楽しむ時間を作る
  • 娯楽を楽しむ心のゆとりを作る
  • 娯楽を楽しむお金の余裕を作る

を手助けできるブログになればいいのかも。

※上記の「娯楽」の部分はエンタメ作品に限らず、個々人の「好きなこと」でもOK

 

ブログの迷い3「自身の活動を特化ブログで書き直すか」

書きながら自己解決していますが、

  • 娯楽を楽しむ時間、心のゆとり、お金の余裕を作る
  • 娯楽(エンタメ作品)の楽しみ方、紹介をする

という2つの柱でやっていこうと思います。

 

そうなったときに、どこまでこのブログで請け負うのか問題が生じます。

雑記とは分けて、メディアとして成立するブログにしたほうがいいのでは、と。

 

というのも、先日ASP案件の広告主が集まるイベント「A8フェスティバル」に行って「ブログは広告主にとってはメディアになりえる」ということを感じたからです。

そんなの当たり前だろ、と思う方も多いと思いますが、私にとっては衝撃でした。

自分の趣味で書いたような内容がそこまでの価値を持つとは。

www.arupakano.com

 

簡単に言えば、「同じような人が集まる」メディアには、広告主は広告を出しやすいよなーと。

完全趣味のブログだと、広告主の事は考える必要はありません。

ただ、私もご多分に漏れず、ブログ飯も考えています。

ブログで書きたいことを書いて、誰かの役に立って、その結果として生活ができれば嬉しいなと。

※収入の全てをそこに依存する気はありませんけどね

 

複数メディアを運営してターゲットを絞れば、純広告も貼りやすいし、それぞれでしっかりと収益が上がるはず。

そうすれば、そんな青臭い考え(ブログ飯)もできるのではないか、と夢見ています。

 

また、ユーザーにとっても、ごちゃまぜブログよりは、テーマがある程度揃っている方がわかりやすいとも思っています。

迷路のような、大辞典のように「何千記事もあるブログ」が個人的には好きです。

ただ、そういうブログについていける人は意外と多くないんじゃないかなーと最近思っています(データは取っていないのでわかりませんけど)。

 

分けた場合の問題点は、ドメインパワーが分散するとか、管理コストがかかるなどでしょうか。

※解決方法はいろいろとありますけどね

 

まとまらないまとめ

そんな感じで、このブログ上では、

  • 娯楽を楽しむ土台作り(時間、お金、心)
  • 娯楽を楽しむ方法

の2つを推していきたい。

あとは、必要に応じて、特化サイトにしてみようかなーと思っています。

 

書きながら自分の考えを整理しました。

チラシ裏な内容ですみませんが、そんな感じ!