あるアルパカの知恵

アラサー男の趣味ブログ。楽しい話と、役立つ話を提供します。

舞の海も薦める相撲漫画「火ノ丸相撲」が地味に面白い

「火ノ丸相撲」というジャンプ漫画を知っていますか? 

知っているけど読んでいない方、是非無料で1話だけでも読んでください!!!

相撲という地味なテーマと、万人受けはしない男臭い絵で敬遠する方がいるかも知れませんが、中味は抜群に面白いです。

「ジャンプ漫画」の「友情・努力・勝利」というDNAを、しっかりと受けついだ名作です。

火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

  

「火ノ丸相撲」のあらすじ

プロ力士の規定身長に満たない160センチの潮火ノ丸が主人公です。

  • 低身長のハンデにめげず、大相撲の横綱になるという夢を持つ
  • 中学時代は表舞台に出ず修行していた
  • 高校デビューして、弱小相撲部を立て直し、強豪校の力士たちも立ち向かう

 

とにかく主人公が熱い!仲間も敵も魅力的!

なにより良いのは「名刀」の名前になぞらえたそれぞれのキャラクタの特徴です。

中二心をくすぐりますよ。

 

あと、バキを含めた格闘漫画のように「勝負の瞬間の一秒が無限に伸びるナレーション」(わかります?)が特徴的です。漫画を描くのがうまい!

 

舞の海もおすすめしています

 舞の海さんも身長が低いながらも技のデパートとして有名になりました。漫画を珍しく読んだようです。

「ふだんマンガを読まないのですが、久しぶりに引き込まれました。まず、体の小さな主人公が”ワル”を倒していく。そして、そのリーダーが改心して、相撲部に入部でしょう。痛快ですよ。今後は関東大会、全国と進んでいくんでしょうか? 楽しみですね。

 そう、あとは学生相撲を思い出しましたね。大相撲の力士って、基本、孤独なんですよ。でも、学生相撲は団体戦が中心で、まず、そこで勝つことが一番の目標なんです。プレッシャーは半端ないし、勝てば、喜びもひとしお。でも、逆に負けた時の落ち込みもひどいんですが(笑)」

【大相撲】舞の海が『火ノ丸相撲』を読んで、思うこと|その他競技|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ジャンプ+で「火ノ丸相撲」が無料で読める

今ならジャンプ+で無料で読めます!

[第1話]火ノ丸相撲 - 川田 | 少年ジャンプ+

 

以上、舞の海も薦める相撲漫画「火ノ丸相撲」が地味に面白いというお話でした。

www.arupakano.com